アフターピルの購入は通販?それとも病院処方?

アフターピルを購入する方法として、通販で購入する方法と病院で処方してもらう方法があります。

中にはどれが良いのかと迷っている人もいるのではないでしょうか。

アフターピルを購入する際にどちらもメリットとデメリットが存在します。
では、通販と病院の2つの特徴を見ていきましょう。

病院の良いところは、避妊に失敗してもすぐに処方してもらえるという所です。

通販の場合は海外からの発送の為、手元に届くまで時間を要してしまいます。

それに比べ病院では病院へ行ったその日にアフターピルを購入することができるのです。
アフターピルは病院処方だと当日買える

病院でアフターピルを処方してもらう場合、問診と検査を一通りします。その後、お薬の説明を受けて処方してもらうことができます。

病院処方の場合は値段が5,000~30,000円と少しお高めです。というのもアフターピルは医療保険が適用されないので診察料も合わせるとかなり高くなってしまうのです。

また1回分のみの処方になりますので予備で備えておくということができません。

逆に通販は病院処方の様にすぐに処方してもらうことができませんので、緊急でアフターピルが必要になった場合は適していません。通販は注文から5日から2週間ほど到着に時間が掛かってしまいます。

また、医師の詳細な説明が無いのでアフターピルを服用する際の注意点は、自身で調べなくてはいけません。

しかし、病院とは違い値段が1,000~3,000円前後と安く購入することができ、いざという時の為に備えておけるのです。通販ではアフターピルの種類も充実しているので自分に合ったアフターピルを見つけることもできます。