アフターピルの効果はどれほどなのか?

避妊ができなかった時や避妊に失敗してしまった時にアフターピルが性交渉後であっても避妊をしてくれます。

アフターピルは確実に避妊ができるというわけではありませんが、服用する時間でほぼ確実に避妊ができます。

アフターピルの効果を最大限に活かすには性交渉後すぐにでも服用することが大切です。

まず始めにお伝えしたいのはアフターピルで避妊をするには時間が大きく関わってくるということです。確実に避妊を成功させたい場合は、日頃から備えて持ち歩くことが大切です。
アフターピルを常備しておく

備えておくことで、もしもの事態に備えることができます。

アフターピルは性交渉直後から24時間以内に服用した場合、成功率は99%~95%です。高い確率で避妊をしてくれます。中でも避妊効果が期待できるのがアイピルです。

アイピルの避妊確率は99%~98%と他のアフターピルに比べると避妊の失敗率が低く、緊急避妊の中でもジェネリック医薬品に認定されているなど安心かつ安全に避妊ができるアフターピルなのです。

24時間以降から72時間以内での避妊確率は75%~70%でだいぶ低下してしまいますが、諦めて服用しないよりは服用した方が妊娠確率は低下します。アイピルの場合は84%~75%だと言われています。

アイピルでも避妊率は低下してしまいますが、やはり他のアフターピルに比べると避妊成功率も高いと言えるでしょう。

アフターピルは72時間以内に服用しなければ効果がないと言われていますが、最近では120時間=5日間までは避妊効果があるということが判明したのです。しかし、確率的には50%台と低く成功できるかは半分半分と言えます。
服用時間によってアフターピルの避妊効果が変わる

アイピルも同様で避妊成功率が下がってしまいますが60%台と他のアフターピルよりも避妊効果は高めです。

避妊を成功させる為に、日頃からアフターピルを常備しておくことで避妊が失敗に終わってもすぐに服用することができるでしょう。

一番危険なのは失敗を放っておくことです。

それでは妊娠してしまうかもしれないからです。妊娠をしない為にもアフターピルを備えておくと良いでしょう。